ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

マイナンバーの通知カード、個人番号カードのご案内

 平成27年10月以降、住民票を有するすべての人に12桁の個人番号(マイナンバー)が通知されます。

 マイナンバーは生涯を通じて利用し、原則変更されませんので、大切にしてください。

 

マイナンバー制度についてはこちら(総務課ページ)

 

マイナンバー制度全般のフリーダイヤルのコールセンターが開設されています。

 通知カードや個人番号カードのお問い合わせは、コールセンターのガイダンスに従ってお進みください。

 通知カードに関すること

  •  国の印刷事業者から郵便局への差出し状況についての問い合わせに対応できます。

 マイナンバーカードに関すること

  •  個人番号カードの交付申請についてのお問い合わせや、カード紛失時の一時停止処理などに対応できます。

 

 (通知カード・マイナンバーカード・マイナンバー制度全般のお問い合わせ)

マイナンバー総合フリーダイヤル

  電話番号  0120-95-0178(フリーダイヤル無料)

  開設時間  平日9時30分から20時00分

           土曜日・日曜日・祝休日9時30分から17時30分(12月29日から1月3日を除く)

 ※一部IP 電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合

   マイナンバー制度全般に関すること    050-3816-9405(ナビダイヤル有料)

   通知カード・マイナンバーカードに関すること 050-3818-1250(ナビダイヤル有料)

 ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

   マイナンバー制度に関すること        0120-0178-26(フリーダイヤル無料)

   通知カード・マイナンバーカードに関すること 0120-0178-27(フリーダイヤル無料)

   (英語以外の言語については、平日9時30分から20時までの対応となります。)

通知カード

 マイナンバーをお知らせする紙製のカードで、平成27年10月から12月にかけて、住民登録している住所に届きます。世帯ごとに簡易書留郵便で送られるので、転送はされません。

(注意)

 実際にその住所にお住まいでないと通知カードを受け取ることができません。

 現在のお住まいと住民票が異なる方は、現在お住まいへの住民票の異動手続きをお願いします。

 

  通知カードの券面には、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されます。顔写真は掲載されません。 

 届いた通知カードは、紛失しないように大切に保管してください。通知カードは個人番号カードの交付を受ける際に必要となります。

 もし、通知カードを紛失した場合、再交付を受けるためには、手数料(500円)が必要となります。

 

通知カードの見本

 

通知カードの受け取りについて

 通知カードの全国の発送時期は平成27年10月から12月で終了しています。

 ただし、出生届などによる新しい通知カードは、今後も随時発送されます。

 郵便局の不在連絡票が届いていた場合は、その案内にしたがって早めの受け取りをお願いします。郵便局の保管期限を過ぎた通知カードは、市役所で一定期間保管しています。

 

郵便物の転送依頼を行っている場合

 通知カードは転送不要郵便のため、郵便局に転送依頼を行っている場合は、配達されずに市役所に返戻されています。

 郵便物の転送をされている方は、市役所へ返戻されていないか事前に確認の上、受取のため市民窓口課までお越しください。

 なお、通知カードお渡しの際には、ご本人であることの確認書類をご提示いただきます。

 ご本人が入院等により来庁できない場合は、代理人に受取っていただくこともできます。代理人が来庁される場合は、通知カード名義人の本人確認と合わせて代理人の本人確認書類の提示および委任状の提出が必要となります。

 本人確認書類としては、写真付の書類の場合(※1)は1点写真付でない書類の場合(※2)は2点必要です。

※1 運転免許証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カード、身体障害者手帳等

※2 健康保険証、医療受給者証、後期高齢被保険者証、学生証等(氏名と生年月日または住所が記載されているもの)

 

通知カードの表記に変更がある場合

 通知カードを受け取ったものの、通知カードの住所、氏名等が変わっている場合は、変更後の住所、氏名等を追記欄に裏書きしますので、通知カードを窓口までご持参ください。なお、住所、氏名等が変更になっている方は、同封の個人番号カード交付申請書は使えませんマイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)から手書き交付申請書を打ち出していただくか、市民窓口課までお問い合わせください。

マイナンバーカード(個人番号カード)

 通知カードと引き換えに受け取ることができるICカードで、平成28年1月から交付が始まりました。交付を希望される場合は、交付申請が必要です。

 ICチップのついたカードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面にマイナンバーが記載されます。本人確認のための公的な身分証明書として利用できます。

 e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書も搭載することができます。

マイナンバーカードの見本

マイナンバーカードの申請方法

 通知カードと一緒に送付される個人番号カード交付申請書を郵送するなどして、平成28年1月以降、当面の間は初回のみ無料で取得することができます。

 申請先は「地方公共団体情報システム機構」となりますので、詳しい申請方法はマイナンバーカード総合サイトでご確認ください。

マイナンバーカードの受け取り方法

 マイナンバーカードは申請後、すぐに受け取ることはできません。カードが出来上がりましたら、交付通知書(はがき)がご自宅に届きますので、通知カード、交付通知書、本人確認書類などの必要な持ち物をお持ちになり、記載された期限までに、市役所窓口までご本人がお越しください。
 

受け取りに必要な書類

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類

本人確認書類としては、写真付の書類の場合(※1)は1点、写真付でない書類の場合(※2)は2点必要です。

※1 運転免許証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カード、身体障害者手帳等

※2 健康保険証、医療受給者証、後期高齢被保険者証、学生証等(氏名と生年月日または住所が記載されているもの)

 マイナンバーカードの交付を受けるときは、引き換えに通知カードを市役所の窓口で返納することになります。

 住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの場合、マイナンバーカードとあわせて所持することはできません。マイナンバーカード取得の際には、通知カードのほかに住基カードも返納することになります。

 マイナンバーカードの交付を一度受けた後に紛失し、再度、交付を受けたい場合は、手数料が必要となります。

住所変更の届出にはカードをご持参ください

住所変更の届出に、通知カード、またはマイナンバーカードが必要になります

  通知カードやマイナンバーカードには、住民票の住所が記載されています。そのため、引越しなどで住所が変わるときは、カード記載の住所を変更する必要があります。住所変更手続きの際には、変更する全員分の通知カードやマイナンバーカードを忘れずにお持ちください。

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

市民生活部 市民窓口課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:shimin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ