ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

川上小学校区地域まちづくり協議会 平成24年度

 市では、市内の各地域で、様々な地域課題の解決に取り組む「地域まちづくり協議会」の活動を支援しています。
 そのような中、平成24年6月、清見台コミュニティーセンター(くすのかホール)において、市内で3つ目となる「川上小学校区地域まちづくり協議会」の設立総会が開催され、多くの地域団体、住民が集まりました。

設立チラシ

設立総会が開催されました

 川上小学校区では、これまで平成21年から約3年にわたり、「まちづくり交流会」において、地域の資源や課題などについて、自由に意見交換や住民同士の交流を重ねてきました。

 一方で、校区内の自治会でも、自治会同士が連携協力しつつ、地域のつながりをさらに深めていこうという機運が高まり、「地域まちづくり協議会」の組織について検討を重ねた結果、今回の設立に至りました。

 なお、設立には校区内の自治会、各種地域団体、学校、PTAなど合計で51の団体・機関・施設等が賛同し、総会当日は、地域住民54名が集まりました。

 総会では、川上小学校区の歴史ある自然豊かな地域資源を有効に活かし、住民同士がつながり、思いやりと活力ある環境を創り出すため、市民と行政の協働活動により良好な地域社会の構築を図っていくことが全会一致で承認されました。

 今後は、この目的を達成するために、スタッフや協力者を募りながら、様々な活動に取り組む予定です。

総会の様子

具体的な取り組みを行う専門部会は、当初、3つの部会を予定しています。

 

1 地域発見歩こう会
 地域に点在する貴重な歴史遺産や自然資源を楽しみながら再発見できるよう、地域の住民同士が相互にもてなすウォーキングイベントや、歴史講座などを実施します。今秋の実施に向けて、ウォーキングイベントを計画検討中です。

2 防犯防災結ぼう会
 自主防災組織や消防団はもとより、様々な団体や住民が連携して、各地域の状況を相互に把握できる連携体制づくりや、先進地域への視察などを実施します。

3 農林園芸学ぼう会
 地域の農林業を継続的に支援するため、イノシシなどの鳥獣被害の防止策や、様々な手法による休耕田畑の活用、地産地消の取り組みなどを研究します。

 

 今後、専門部会では、具体的な事業の運営に協力いただけるボランティアスタッフを募る予定です。今後の詳しい進捗は、毎月開催の「まちづくり交流会」で。

川上協議会新聞が創刊されました

イノシシ対策の研究が始まりました

平成24年9月、農林園芸学ぼう会によって、イノシシ対策の実験と研究が始まりました。「亥旦停止」と呼ばれる唐辛子などの臭いのついた専用の札を使って、ボランティアの作業でひとつの畑を札で囲い、その中にじゃがいもを植えました。今後は、本当にイノシシが入らないのか、雨風にも負けずにちゃんと機能するのか、札に関係なくじゃがいもが育つのか、観察日誌をつけるそうです。今後の発展が楽しみです。

畑の様子

畑の様子2

 実験農場では、今もアライグマやイノシシによる被害が続いているとのこと。膝まで伸びた雑草を刈り取り、ジャガイモを植え付けた周囲に杭を打ち、ロープにイノシシが嫌がる臭いを塗布した布を吊るしました。川上小学校区地域まちづくり協議会では、農産物の鳥獣被害が度々話題になり、その解決策を考えているところです。

みんなで一緒に「花の文化園」へ行きました

 専門部会の一つ農林園芸学ぼう会では、地域を花でいっぱいにしたいと考え、まずは花の文化園で花や植物について詳しく学び、その活動に活かそうと、住民同士の親睦を兼ねた花の文化園見学会を実施しました。
 当日は、竹田園長の講義もあり、園内の花を観賞しながら、楽しく学ぶことができました。また、お土産として、参加者全員にクリスマスローズ苗がプレゼントされました。今後、この苗の成長が楽しみです。

花の文化園

遠足様子

川上小学校の避難訓練を見学しました

 平成24年10月、秋晴れの中、川上小学校の火災避難訓練が実施され、地域との交流・情報交換に取り組む川上小学校区地域まちづくり協議会も訓練の様子を見学しました。
 約250名の児童が非常ベルと火災発生の校内放送に従い、3分以内に全員が校庭に避難。また、梯子車による救出訓練では、児童たちが見守る中、狭い場所での慎重な梯子操作で、3階に残された人を無事に救出できました。6年生児童による消火訓練では、火元を掃くようにという指導に従って消火器を上手に操作。最後は、「火を消すことも大切だが、命はもっと大切。無理せずに逃げる、避難することも忘れないでください。」という言葉で訓練が終了となりました。

避難訓練

秋のウォーキングイベントを実施しました

 地域発見歩こう会では、地域の原風景や自然環境、歴史文化等を再発見しながら、地域への愛着を育み、まちづくりをすすめたいと考え、紅葉の川上地区をみんなで探索しようという呼びかけのもと、平成24年11月29日に、「秋のウォーキングイベント」を企画しました。
 当日は、50名を超える参加者が、川上地区の紅葉を楽しみながら、地域の見どころを巡りました。

鳥地獄

集合写真

珍野菜を展示・投票

 農林園芸学ぼう会が主体となり、川上地区で採れた形などの面白い”珍”野菜が、くすのかホールに大集合しました。野菜の展示7点、写真での展示3点の中から、130名以上の投票で「おばけかぼちゃ」が大賞となりました。

珍野菜

 なお、同部会では、今秋、イノシシ対策の実験を行いましたが、結果は大成功。イノシシよけの臭い柵の効果が判明しました。

大阪市立阿倍野防災センター研修会を行いました

 川上小学校区地域まちづくり協議会(防災防犯結ぼう会)では、様々な団体や住民の皆様と連携して、各地域の防災状況を相互に把握できる連携体制づくりを進めています。
 そこで、まずは「防災」に関する知識と技術を学習し、今後の活動に活かすべく、自主防災組織や消防団をはじめ、当協議会の関係者等を対象として、平成25年1月27日(月曜日)に、大阪市立阿倍野防災センターでの研修会を実施しました。
 当日は、36名の参加者があり、地域内での防災に関する連携が進みました。

魔法の鉢づくり講習会を実施しました

 平成25年3月16日(土曜日)に、地域で育てる花の輪運動の一環で、川上小学校で、魔法の鉢づくり講習会が実施されました。この鉢は、古新聞とセメントを使った植木鉢で、材料さえあれば、だれでも簡単に作ることができるものです。

魔法の鉢

関連ページ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

市民生活部 自治協働課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:jichishinkou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ