ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ボランティア活動中の事故などに補償があるのか教えて欲しい。

答え

自治会やボランティア団体その他公益的な活動をしている団体のメンバーなどが、公益活動中に怪我をしてしまった場合や、過って第三者を傷つけ、賠償責任を問われた場合に備え、補償する制度を導入しています。制度を利用するためには、あらかじめ市へ加入の届出をする必要があり、補償期間は、届出を受け付けた日から当該年度の3月31日までとなります。(年度ごとに更新が必要です。)加入は無料です。補償内容などの詳細は下記ホームページでご覧いただけます。詳しくは自治協働課にお問い合わせください。

関連ページ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

市民生活部 自治協働課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:jichishinkou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ