ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

AEDって何だろう?

AED

AEDとはAutomated External Defibrillatorの略で日本語では自動体外式除細動器といい、電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる心臓電気ショックの器械です。

突然死の死因のほとんどは心臓疾患です。それを心臓突然死といい、その大部分は「心室細動」という病気となっております。(※「心室細動」による死者は、年間約5万人と推測されています)

「心室細動」になると心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、助かるチャンスは1分経過するごとに約7~10%づつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に至ります。

この「心室細動」を正常な状態に戻す唯一の方法は、除細動(心臓への電気ショック)です。

そこで、早期の除細動ができる自動体外式除細動器(AED)の使用が必要となり、素早い除細動は社会復帰の鍵にもなります。自動体外式除細動器(AED)を医療機関はもちろん、学校、職場、たくさんの人が集まる公共の施設、そして自宅など様々な場所に置き、万が一の時、自動体外式除細動器(AED)を使うことで、突然死を防ぐことができるのです。

自動体外式除細動器(AED)の特徴を簡単に述べますと、患者に対して電極を貼る作業と電気ショックを加えるためのボタンを押す作業のみです。

  1. 心電図を読む能力、医学的専門知識を一切必要としません。
  2. 電気ショックすべき心電図か否かを音声により教えてくれます。
  3. 「心室細動」か「速い心室頻拍」以外のリズムの場合には作動しません。
  4. 重さも約3キロ弱と小型軽量で持って走ることが出来ます。
  5. 自動点検機能を内蔵し、メンテナンス不要でバッテリー寿命は約5年。
  6. 自動的にデータを保存し、後で音声や心電図記録を再生できます。

循環器や救急の専門医でなくても自動体外式除細動器(AED)が除細動が必要かを判断し、救命の手順を音声にて除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています。 (研究内容によると、12才程度の児童でも、初めてAEDを見て平均90秒で電気ショックを実施することが出来ると言われています。)  

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

消防本部
〒586-0094
大阪府河内長野市小山田町1663-3
電話:0721-53-0119
E-mail:shoubousoumu@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)
警防課
消防総務課
予防課 

ページの先頭へ