ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

盆踊りなどを行う時は防火対策が必要です

 本市では、平成25年8月に京都府福知山市の花火大会で発生した火災を教訓に市火災予防条例を改正しました。地域の祭りや盆踊りなど大勢の人が集合するイベントには、防火対策が次のとおり義務化されました。

 

1 消火器の準備が義務化

 火災発生のおそれのあるコンロやストーブなどの火気器具を使用する場合は、取り扱う人が消火器を準備しなければなりません。火気器具ごとに1本必要ですが、1つのブース・テント内で複数使用する場合は1ブース・テントごとに準備しても構いません。なお、住宅用消火器は認められません。業務用消火器を使用し、腐食や破損のないものを準備してください。

 

2 露店などを開設する場合、消防署への届出が義務化

 祭礼・縁日・花火大会・展示会など大勢の人が集合するイベントで火災発生のおそれのあるコンロやストーブなどの火気器具を用い露店を開設する場合は、消防署へ届出を提出しなければなりません。対象となる催し 運動会などの学校行事、自治会の祭り・盆踊り、神社の祭礼など一定の社会的広がりを有するものが含まれます。なお、近親者によるバーベキューや花見、幼稚園などで父母が主催するようなイベントで、個人的なつながりに留まる場合は対象外です。

盆踊り

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

消防本部
〒586-0094
大阪府河内長野市小山田町1663-3
電話:0721-53-0119
E-mail:shoubousoumu@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)
警防課
消防総務課
予防課

ページの先頭へ