ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

救急車が現場からすぐに出発できない理由

救急現場では・・・

救急車が現場からすぐに出発できない理由

救急車が現場からなかなか病院へ向けて出発せずにヤキモキしたことはありませんか。
今回、傷病者を車内に収容したあとの救急現場の動きをお知らせします。

救急現場の様子

1.現場活動

 救急車が現場へ到着した後、隊員は必要な資器材を活用して傷病者の症状、血圧、体温、脈拍、呼吸、意識、状態などを観察し、必要に応じて現場での応急処置を実施します。

救急の現場活動

2.病院選定

 観察と応急処置の結果から、傷病者の状態に合った診療科目の診察、処置が可能な搬送先病院を選定し、携帯電話で受入れを依頼します。

 救急病院でも全ての症状に対応出来るわけではありません。救急隊は、病院の受入れ情報をもとに近隣の受入れ先を探しますが、特に夜間、休日などの診療体制は限られるため、時には依頼回数が多くなったり、選定時間が長引くことがあります。搬送先が決まれば緊急走行で直ちに病院へ向かいます。

 限られた医療資源を守るためにも救急車の適正利用にご協力をお願いします。

救急の病院選定

救急隊のスマートフォン

 救急隊が現場で使用しているスマートフォンには、傷病者の観察結果を入力することで緊急度の判定を支援し、判定結果に応じた救急病院の情報が把握できるアプリが組み込まれています。このアプリは、救急隊の効率的な病院選定に役立っています。

救急隊のスマートフォン

関連ページ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

消防本部
〒586-0094
大阪府河内長野市小山田町1663-3
電話:0721-53-0119
E-mail:shoubousoumu@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)
警防課
消防総務課
予防課 

ページの先頭へ