ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

河内長野市学校教育のあり方検討委員会について(平成28年度~平成29年度)

少子化などの影響を受け、児童生徒数が減少しており、特に市街地周辺部ではそれが顕著となってきております。これに伴い学校の小規模化も進み、今後、学校の教育活動にもさまざまな影響を及ぼすことが懸念されるところです。そこで、小中一貫教育や学校運営協議会など、これまでの教育委員会の取り組みを踏まえ、本市の地域的特性を生かした、子どもたちにとって、よりよい今後の学校教育のあり方について検討を進めようとするものです。

ページの先頭へ