ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

イノシシに出会ったら

 イノシシは元来臆病な動物なので、イノシシが平静を保っていれば、こちらから不用意に接近したり、イヌ等をけしかけるなどしない限り、襲ってくることはめったにありません。

 

もしイノシシに出会ってしまったら

  • イノシシを刺激しない

 見かけても、刺激を与えず、興奮させないことが大切です。棒などを使って追い回したり、石を投げたりすると、逃げたイノシシが他の人を襲う可能性がありますので、そのような行為はおやめください。

  • ゆっくりと後ずさり

 イノシシがこちらに気づいていない、イノシシとの距離が十分ある場合、静かにその場を立ち去りましょう。

 もし、イノシシが近づいてきた場合、あわてずにゆっくりと後ずさりして離れましょう。(急に動くと、イノシシが驚いて、思わぬ事故につながります。)なお、犬を連れていると、猟犬と勘違いして襲ってくる場合があります。イノシシが向かってきたときは犬を放すなど、十分に注意してください。

 お子様の行動には注意が必要です。近づいたり、からかったりしないように、ご家庭などで十分ご注意ください。

イノシシに出会わないためには

  • 人間の存在を知らせる工夫をしましょう

(1)音で知らせる(鈴をつけるなど)

(2)夜などに外出するときは光で知らせる(懐中電灯など)

  • 絶対にエサを与えない

(1)餌付けをしない

 イノシシの子供(ウリ坊)でも、エサは絶対に与えないでください。人がエサを与え、安全であることを学習したイノシシは人を襲うことがあります。

(2)イノシシのエサ場をつくらない

 家庭菜園や田畑の周りに野菜クズなどを放置しないでください。イノシシがエサ場として覚えてしまいます。

(3)ゴミ出しマナーの徹底

 ゴミは収集日の朝に指定された場所に出しましょう。また、袋の口をきちんと結び、ゴミ散乱防止用ネットをかけるなど、ゴミ出しのマナーを守りましょう。

 知らないうちに「餌付け」を行っている場合がありますので、再度点検し、イノシシを呼び寄せない環境づくりをしましょう。

 イノシシによる被害を受けないために、皆様のご協力をお願いします。

(大阪府ホームページより)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

環境経済部 環境政策課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所4階)
電話:0721-53-1111
E-mail:kankyouhozen@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ