ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

貯水槽水道の管理について

貯水槽水道の種類と管理

簡易専用水道

簡易専用水道とは、河内長野市(水道事業)からの水を受水槽に受け、給水する方式のうち、「受水槽の有効容量が10立方メートルを超える水道施設」です。
簡易専用水道は、水道法により1年以内ごとの清掃及び検査が義務付けられています。

小規模貯水槽水道

小規模貯水槽水道とは、河内長野市(水道事業)からの水を受水槽に受け、給水する方式のうち、「受水槽の有効容量が10立方メートル以下の水道施設」です。 平成14年7月、貯水槽水道の適切な管理を促すよう水道法が改正され、貯水槽水道にかかる水道事業者及びその貯水槽水道の設置者の責任に関する事項等を市給水条例に明確に定めることになりました。これにより、河内長野市では、水道法に準じた管理を「河内長野市貯水槽水道管理指導要領」により規定し、管理の基準や水質検査の実施などについて、必要な事項を定めています。 
 
小規模貯水槽水道の設置者・管理者は、次のような点に気をつけて、自ら適正な管理に努めてください。

水槽(受水槽、高置水槽)の清掃

水槽の清掃
  • 年一回以上、定期的に行ってください。
  • 清掃は、設置者自ら行わない場合には専門的な知識、技能を有する者に行わせるのが望ましいとされています。(大阪府下では建築物飲料水貯水槽清掃業として登録された業者 があります。)

水槽(受水槽、高置水槽)の点検

水槽の点検
  • 水が有害物や汚水等によって汚染されることのないように、定期的に点検を行ってください。その他地震、凍結、大雨などのあった時も速やかに点検を行ってください。
  • 点検等により欠陥を発見したときは、速やかに改善措置を行ってください。

水質検査の実施

水質検査の実施
  • 給水栓(蛇口)での水の水質検査(色、濁り、臭い、味及びできれば残留塩素の有無の検査)を定期的に行ってください。
  • 上記検査などで、異常を認めたときは、その原因と考えられる項目を、保健所等の専門機関により水質検査で確認し、衛生的な水を供給するよう努めてください。

給水停止及び利用者への周知・給水する水が人の健康を害する恐れがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、その水を飲まないよう利用者に知らせるとともに、利用する可能性のある人及び関係者、環境政策課、河内長野市(水道事業)等に知らせなければなりません。

管理点検のポイント

  • 水槽の周辺は清潔で整理、整頓されていますか。
  • 水槽にひび割れや水漏れはありませんか。
  • 周囲に汚染の原因となるものは置いてありませんか。
  • 水槽内に沈積物や浮遊物はありませんか。
  • マンホールのふたは防水密閉型できちんと鍵がかかっていますか。
  • マンホールの防水パッキンは痛んでいませんか。
  • オーバーフロー管や通気管の防虫網はついていますか。
  • オーバーフロー管や通気管の防虫網は痛んでいませんか。

具体的には次に記載しているリンク先を参考にご覧ください。

水質検査の点検ポイント

  • 無色透明なガラス製のコップに給水栓から水を取り、肉眼で色、濁り、臭い、味に異常がないか検査してください。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

上下水道部 水道課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所6階)
電話:0721-53-1111
E-mail:suidou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

よくあるご質問

ページの先頭へ