ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

放射性物質の水道水への影響について

 東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の被災に伴い、水道水の放射性物質の汚染が懸念されていることから、文部科学省では、各都道府県の水道水中の放射性物質の調査結果及び定時降下物のモニタリング結果を公表しています。
 現時点で、大阪府域では放射性物質は検出されておらず、水道水への影響はないため、いつもと同じように使用していただいて問題ありません。
<参照>
 :水道水の放射性物質に関する情報
      http://www.wsa-osaka.jp/event-pr/sinsai/

 

  本市におきましては、平成23年3月から随時、4箇所の浄水場の浄水について、全ベータ線(β線)の測定を検査機関に依頼しておりますが、何れも検出されておりません。

 放射能漏洩事故による本市の水道水への影響は認められず、問題がないことを確認しております。

 [測定結果]

 

採水日 採水場所 種別 結果
(ベクレル/リットル)
平成29年8月17日 西代浄水場出口 浄水 検出されず
三日市浄水場出口 浄水 検出されず
日野浄水場出口 浄水 検出されず
石見川浄水場出口 浄水 検出されず

    ※ 検出量が定量下限値未満の場合、「検出されず」と表記。
    ※ 本測定装置の定量下限値は、0.3 ベクレル/リットル

 

 

 また、平成23年6月、平成25年5月に日野浄水場の脱水汚泥について放射能濃度の測定を検査機関に依頼しましたが、それにつきましても検出されておりません。(検出下限値以下)

試料採取日:平成25年2月11日

[分析結果]

 

     分析項目           放射能濃度     検出下限値濃度
  (ベクレル/キログラム)   (ベクレル/キログラム)
 ヨウ素-131(I-131)                    ND              6.2
 セシウム-134(Cs-134)                    ND              6.3
 セシウム-137(Cs-137)                    ND              8.1

  ※ NDは、検出下限値未満であることを示す。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

上下水道部 水道課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所6階)
電話:0721-53-1111
E-mail:suidou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ