ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

河川をよごさないで!

 河内長野市の水道の約70%は、滝畑ダムと石川、石見川を水源としています。市では、安全でおいしい水の安定供給のため、水道水源保護条例を制定するとともに、水質監視・検査体制を充実しました。
 しかし、水源である河川へ廃油などが流入すると、浄水場の運転を停止し、施設を洗浄しなければなりません。市の努力だけでは、水源の汚染を防止することはできません。また、水源の汚れが悪化すれば、多大な費用をかけて高度な浄水施設を整備しなければなりません。

 市民のみなさまにおかれましては、水源保護の重要性をご理解いただき、みなさまが安心して水道水を飲めるよう、河川などを汚さないようご協力をお願いします。

よくあるご質問

ページの先頭へ