ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

河内長野市高齢者いきいき都市構想を策定しました

 人口減少と高齢化の進む本市にとって、介護や医療が必要な人も含めて地域で支えられるまちであるために、元気な高齢者の方々の力が今後ますます必要となります。

 これからも活力あるまちであり続けるために、市民の健康寿命を延ばすこと、そして、今まさに高齢期を迎えた団塊の世代をはじめ高齢者がいきいきと活躍できるまちづくりと、生きがいを感じながら地域で活躍する高齢者が増えていくことで、新たなまちの活力、まちの魅力を生み出していけるような地域社会をめざし、市民とともに理念や目標を共有し共に取り組んでいくため策定しました。

基本理念

1.高齢者いきいき都市とは

 「高齢者いきいき都市」とは、市民一人ひとりが自らの健康寿命を延ばし、高齢期を健やかに、自分らしい生きがいをもっていきいきと暮らすことで、まち全体が活力あるものとなるまちの姿をあらわしたものです。

2.高齢者いきいき都市の将来像

 河内長野市がめざす高齢者いきいき都市の将来像を

  「高齢者がいきいきと暮らす笑顔と活力のあふれるまち」とします。

3.基本目標

 高齢者いきいき都市をめざし、4つの基本目標を掲げます。

   ・健康寿命を延ばし、高齢者が健やかでいきいきと暮らせるまち

   ・高齢者が知的探究心を失うことなく、生涯にわたって楽しく学び集えるまち

   ・社会参加や社会貢献など高齢者が活躍する場が充実したまち

   ・人と人とのつながりを大切にし、誰もが安心して暮らせるまち

基本方針と施策の方向

1.高齢者自身が取り組む「健康づくり」

 いくつになってもいきいきと活動的な生活を送るために、高齢者を含めた市民の一人ひとりが健康に対する意識を持ち、介護予防や健康づくり活動に自ら取り組むことで、自分自身の健康をきちんと管理できるようになることをめざします。

2.生涯を通じた学習や交流の「機会づくり」

 生涯を通じ学ぶ楽しさを持ち続けられるよう、多種多様な学習の機会を提供し、学びを通した自己の充実と新たな仲間づくりを支援します。また仲間との集いを通じてより広く地域とふれあい、ぬくもりを感じられるまちをめざします。

3.高齢者の力を活かす「場づくり」

 高齢者が、自らの豊かな知識や経験、培った人脈などを活かせるよう、積極的な社会参加や地域貢献活動への参加につながる機会や場を提供し、地域の支え手として活躍できるまちをめざします。

4.安心して暮らせる人と人との「きずなづくり」

 地域で積極的に活動する高齢者を中心に、人と人との温かいつながりと地域のきずなによって安心して暮らせるまちをめざします。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 いきいき高齢・福祉課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:ikiiki@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ