ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

平成30年度から国民健康保険料(普通徴収)の仮算定がなくなります

 平成30年度より国民健康保険料の「仮算定」が廃止となります。

 これまで国民健康保険料の納付通知書は4月(仮算定)と7月(本算定)の年2回お送りしていましたが、今後は6月(本算定)の1回のみとなります。これにより、納付回数は年12回(4月~翌年3月)から年10回(6月~翌年3月)に変更となります。

注釈:保険料が特別徴収(年金から天引き)の方は上記の方法とは異なり、従来どおり4月・6月・8月に保険料の仮徴収を行います。

 

 また、全納の口座振替を登録されている方については、平成30年度からは、6月の一括引落しとなります。期別引落し(毎月払い)に変更を希望される場合は、4月末までに金融機関にて変更の手続きをお願いします。

注釈:変更を希望しない場合は、特に手続きは必要ありません。

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ