ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

認知症サポーターになろう!

認知症サポーターとは?

認知症の方やそのご家族の応援者のことをいいます。

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の方やそのご家族に対して温かい目で見守ることが

スタートです。

認知症の方を避けたり特別扱いせず、にっこり「こんにちは!」とあいさつをする、困っている方を見かけたら

「何かお手伝いしましょうか?」と一声かけるなど、自分のできる範囲のことをします。

 

河内長野市の認知症サポーター数は、9,233人です。(平成30年3月31日現在)

平成29年度は、1,749人の認知症サポーターが誕生しました!

認知症サポーター養成講座を開催します

日時 平成30年5月24日木曜日 午後1時30分から3時30分

場所 市民交流センターキックス 3階 大会議室

内容 ●講義

     認知症の現状、認知症サポーターとは、中核症状と行動・心理症状、早期発見・早期治療のために、

     認知症予防、本人の気持ちを考えよう、対応のポイント、認知症サポーターとしてできること など

    ●講座終了後、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡しします。

 

            

              みんなで認知症サポーターになろう!

認知症キッズ☆サポーター養成講座を開催しました!

平成29年8月3日 14名の小学生が認知症について学び、「認知症キッズ☆サポーター」になりました。

 

子どもたちが考えた「認知症キッズ☆サポーターとして取り組むこと」

●落ち着いて、話を聞いてあげる

●優しくする

●できるだけ気持ちを分かってあげる

●おばあちゃんが少しでも快適に過ごせるように、お手伝いをしてあげる

●認知症の人が困っていたら、お手伝いする

 

認知症サポーター養成講座を開催しませんか

おおむね5人以上集まっていただければ、認知症サポーター養成講座の講師である「認知症キャラバン・メイト」を

派遣できます。

お住まいの地域の集会所で、職場で、趣味の会で、ご近所の方と集まって・・・

ご依頼いただければ「認知症サポーター養成講座」を開催します。

 

認知症サポーター養成講座では、認知症や認知症の方への支援方法等を学びます。

講座修了後には、サポーターの証としてオレンジリングをお渡しします。

モックルも認知症サポーターです。

 

お申し込みは、いきいき高齢・福祉課へ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 いきいき高齢・福祉課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:ikiiki@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ