ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

読み聞かせボランティア・フォローアップ講座について

カテゴリ 催し,ボランティア・市民活動,子ども,図書館主催
名称 読み聞かせボランティア・フォローアップ講座について
開催日 2018年2月6日
開催場所 キックス(市民交流センター)
詳細

 

対象

これまで開催された「読み聞かせボランティア講座」を受講するなど、子どもの読書や絵本に興味がある方

日時

 2月6日(火曜日) 午前10時~午後0時30分

講師 

 正置友子氏(絵本学研究所主宰)

内容

絵本を読むとき、手でぺージをめくります。その時、次はどうなるのだろうと、想像します。期待したり、不安を感じたり、はらはらしたりします。おとなに絵本を読んでもらい、ページをめくっていくという行為から、子どもたちは、時間の経過を知って行きます。そして、1冊の絵本を通して、始まりから終わりまでに、一つの物語があることがわかります。このことは、自分の人生を通して、<わたし>の物語があること、すなわち継続したアイデンティティの存在があることを知ることにも繋がっていきます。今回は、絵本のなかの物語を、とりわけ、絵に集中して読み取っていきます。また『ちょうちょはやくこないかな』(甲斐信枝・さく 福音館書店)については、少し、集中してとりあげます。

 

場所

キックス 3階 中会議室

定員

40人程度(応募者多数の場合は抽選)

参加費

無料

お問い合わせ先

生涯学習部 図書館

〒586-0025

大阪府河内長野市昭栄町7-1

電話 0721-52-6933

申込方法

河内長野市立図書館にて、1月27日まで受付します(消印有効)。

往復ハガキ、メールでの申込が可能です。

往復ハガキ・メールに「読み聞かせボランティア・フォローアップ講座希望」、参加者の住所・氏名・年齢・電話番号・関わっている読み聞かせなどの活動とその年数(あれば)を記入して、ご応募ください。

メールのあて先は tosho-kouza@city.kawachinagano.lg.jp

 

検索画面に戻る

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

よくあるご質問

ページの先頭へ