ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

i.人づくりから始まるまちづくり

 今、河内長野市では、「人づくりから始まるまちづくり」をキャッチフレーズに、協働によるまちづくりに向けて様々な機会を通じた啓発を行っています。

ひとづくり

~時代潮流を背景に「協働」の必要性~

  昨今、社会の意識が、「ものの豊かさ」から「こころの豊かさ」に変化し、そのニーズは複雑化・多様化しています。一方で、現在の都市経営を考えると、行政が全てのニーズにきめ細やかに対応していくことは、非常に難しい状況となっています。

 そこで、行政だけではなく、市民、事業者などが、知恵を出し合い、資源を補い合い、できることを重ね合わせて、社会や地域の課題解決に取り組む「協働のまちづくり」が必要であり、これが結果として、市民の満足度を高めることにつながりると考えられます。

 このような考えに基づき、河内長野市では、2006年に「市民公益活動支援及び協働促進に関する指針」を策定し、現在、「協働によるまちづくり」を進める様々な取り組みを行っています。

~市民と行政「みんなで一緒につくるまち」を目指して~

 今、本市では、「みんなで一緒につくるまち」をキャッチフレーズに、協働によるまちづくりを積極的に進める中で、市民の側、行政の側の双方の活動において、これを担う協働の「核」となるような人材の育成、つまり「人づくり」が必要不可欠であると考えています。

 そのような中で、本市の市政アドバイザーを務める「コミュニティデザイナー」の山崎亮さんが中心となり、「人づくりから始まるまちづくり」プロジェクトが開始されました。

 このプロジェクトでは、講演会やワークショップなど様々な機会を通じて、市民や市職員に向けて、「人と人とのつながり」や「地域の絆」について、積極的に意識啓発を働きかけ、実を結びつつあります。

山崎亮さん

~山崎亮さんの「コミュニティデザイン」をきっかけに~

 市職員に向けては、将来の行政運営を担う協働事業推進員や地域サポーターなどを対象として、協働型行政にふさわしい「他市が羨む職員」の育成を目指し、「地域力UPサポート研修」と呼ばれる職員研修を実施し、山崎亮さんが豊富な経験や全国のまちづくりの先進事例などの講義を行いました。

 一方で、市民の皆さんには、地域の課題や魅力を自ら発見し、様々な地域課題の解決に取り組んでいただけるよう、「地域まちづくり講演会」を実施し、パネルディスカッションなどを通じて、山崎亮さんが活動中の市民と直に対話しながら、課題の解決策や今後の展開を一緒になって考えました。

 また、班に分かれてワークショップを実施した「まちづくり地域デビュー講座」では、地域活動の牽引役や中心的な担い手となるような人材の育成を目指し、山崎亮さんがファシリテーターとなって、受講生とコミュニケーションを図る中で、地域活動を始める、活動を深めるキッカケづくりを行いました。

 このようなプロジェクトを進める中で、地域の自主組織である「地域まちづくり協議会」の活動などに発展し、様々な地域で地域課題の解決に向けた取り組みが始まっています。

 今後も、本市では、「みんなで一緒につくるまち」を目標に、市政アドバイザーの山崎亮さんと一緒に、様々な機会を通じた意識啓発に取り組んでいきます。

講座の様子

職員研修(地域力UPサポート研修)

<平成23年度>

【日   時】 平成23年6月14日(火曜日)13時~16時
【テーマ】 新しい時代に求められる職員とは~他市が羨む職員になろう!~
【内   容】 協働の必要性、意義等を講義形式で学びました。
【参加者】 79名

【日 時】 平成23年6月30日(木曜日)14時~16時
【テーマ】 アンテナを立てよう~情報力UP研修~
【内 容】 情報化社会に必要な情報の収集、分析、発信方法等を講義形式で学びました。
【参加者】 55名

【日 時】 平成23年7月5日(火曜日)14時~16時
【テーマ】 事業化してみよう~企画力UP研修~
【内 容】 課題発見・整理、事業化、評価方法等を講義形式で学びました。
【参加者】 62名 

<平成24年度>

【日 時】 平成24年8月16日(木曜日)・17日(金曜日)各日10時~15時
【テーマ】 コミュニティデザイン研修
【内 容】 studioL編集の書籍「コミュニティデザインの仕事」から学びました。
【参加者】 65名

<平成25年度>

【日 時】 平成25年6月19日(水曜日)10時~12時・7月10日(水曜日)10時~15時
【テーマ】 地域サポーター研修
【内 容】 地域と行政を結ぶパイプ役としての役割を果たせるようコミュニケーション技術の習得を目指しました。
【参加者】 のべ35名(地域サポーター)

【日 時】 平成25年8月22日(木曜日)10時~12時
【テーマ】 全体研修~時代に求められる職員像~
【内 容】 山崎亮氏と芝田市長のトークセッションやワークショップを通じて職員像を考えました。
【参加者】 99名

【日 時】 平成25年10月9日(水曜日)・11月13日(水曜日)各日10時~12時
【テーマ】 協働事業推進員研修
【内 容】 協働事業提案制度の充実を図るため、過去の事例を活用しアイデアを出し合いました。
【参加者】 のべ64名(協働事業推進員研修)

<平成26年度>

【日 時】 平成26年8月19日(火曜日)・9月18日(木曜日)・10月16日(木曜日)・12月17日(水曜日)
【テーマ】 新規採用職員・地域サポーター研修
【内 容】 地域サポーターの役割や活動、また地域で必要とされる職員について考えました。
【参加者】 のべ170名(新規採用職員、地域サポーター)

【日 時】 平成26年10月16日(木曜日)・12月17日(水曜日)
【テーマ】 協働事業推進員研修
【内 容】 全国の先進事例収集などをとおして、協働の視点からアイデアを出し合いました。
【参加者】 のべ60名(協働事業推進員)

【日 時】 平成26年11月26日(水曜日)
【テーマ】 全体研修~地域想いの職員になろう~
【内 容】 職員からプロジェクトを発表し、山崎氏からの助言やワークショップを通じ、地域でできることを考えました。
【参加者】 78名

研修の様子

●平成23年6月30日「アンテナを立てよう~情報力UP研修~」

研修

●平成24年8月16日・17日「コミュニティデザイン研修」

研修の様子

 平成24年8月16日(木曜日)と17日(金曜日)に行われた職員研修「コミュニティデザイン研修~山崎亮さんの仕事に触れる~」では、主に入庁5年以内の職員を対象に、 山崎亮さんが携わった海士町総合計画の設計プロセスなどをテーマとした書籍「コミュニティデザインの仕事」を通じて、市民と協働関係を構築するためのコミュニケーション技術、コミュニティのやる気をマネジメントするモチベート手法、地域が自らの力で課題を乗り越えていくためのサポート手法などをワークショップの中で実践的に学びました。

●平成25年6月19日・7月10日「地域サポーター研修」

ニュース1

ニュース2

 平成25年6月19日(水曜日)と7月10日(水曜日)には、地域サポーターを対象に研修を行いました。地域と行政を結ぶパイプ役として、地域情報を集める、行政情報を地域に伝える、地域からの相談・協力依頼などを関係課につなぐ、地域団体の活動をその成熟度に応じてサポートする等の役割を果たせるよう、「地域の課題発見・解決策」、「地域情報の収集・発信の方法」、「地域住民とのコミュニケーションの機微」等の技術向上を目指しました。

●平成25年8月22日(木曜日)「全体研修~時代に求められる職員像~」

山崎氏と市長のトークセッションの様子

ワークショップの様子

 平成25年8月22日(木曜日)に行われた職員研修「時代に求められる職員像」では、全庁職員を対象とし、協働のまちづくりへの意識醸成を図りました。前半は、山崎亮氏と芝田市長がトークセッションを行い、少子高齢化が今後一層進み、厳しい財政状況が予想される当市において、求められる職員像について考えました。後半はグループに分かれてワークショップを実施、当市を取り巻く状況や課題をポジティブにとらえ、これから職員にできることを考えていきました。

●平成26年8月19日・9月18日・10月16日・12月17日「新規採用職員・地域サポーター研修」

研修の様子

研修の様子

 平成26年8月19日(火曜日)・9月18日(木曜日)・10月16日(木曜日)・12月17日(水曜日)の4回にわたり、新規採用職員及び地域サポーターを対象に研修を行いました。これは、現在地域で活躍している地域サポーターの経験を若手職員に伝えるとともに、ワークショップを通じ、地域サポーターの活動やこれからの地域に必要とされる職員について考えることにより、今後の地域サポーターの活動の充実を図るとともに、部署・年齢を問わない横のつながりの強化及び世代間の人的資産の継承を行い、全庁的な協働意識の醸成を目指すものです。
 地域サポーターへのヒアリングなどを通じ、地域サポーターの活動の情報共有を行うととともに、小学校区に分かれワークショップを行い、「地域に必要とされるプロジェクト」などについて考えていきました。

●平成26年11月26日(水曜日)「全体研修~地域想いの職員になろう~」

研修の様子

研修の様子

 平成26年11月26日(水曜日)に行われた職員研修「地域想いの職員になろう」では、全庁職員を対象とし、協働のまちづくりへの意識醸成を図りました。前半は、事前の研修などで、新規採用職員と地域サポーターが班に分かれ考えてきた「地域で必要とされるプロジェクト」について、発表が行われ、山崎亮氏からプロジェクトをより良いものにするためのアドバイスをいただきました。後半は、グループに分かれてワークショップを実施し、発表されたプロジェクトの感想などを共有し、地域で私たちが何ができるのか、考えていきました。

地域まちづくり講演会・市政アドバイザーサミット

<平成23年度 「まちづくり講演会」>

【日 時】 平成23年7月16日(土曜日)10時~12時
【テーマ】 地域の安全・安心は協働のまちづくりから
【内 容】 東日本大震災を教訓とし、地域における「協働のまちづくり」を考えました。
【参加者】 280名

<平成24年度 「地域まちづくり講演会」>

【日 時】 平成24年6月16日(土曜日)13時~15時30分
【テーマ】 地域のお困りごとって何?それってこうすれば
【内 容】 パネルディスカッションで地域課題の解決策や今後の展開を考えました。
【参加者】 280名

講演会

地域まちづくり講演会

<平成26年度 河内長野市 市制施行60周年記念特別事業「市政アドバイザーサミット」>

【日 時】 平成27年1月31日(土曜日)14時~16時30分
【テーマ】 まちづくりルネッサンス~未来への七色の架け橋~
【内 容】 山崎氏をはじめ、市政アドバイザー7名が一堂に会し、市の未来について語り合いました。
【参加者】 410名

市政アドバイザーサミットの様子

市政アドバイザーサミットの様子

まちづくり地域デビュー講座

<平成23年度 まちづくり地域デビュー講座1>

【日 時】 平成24年2月1日(水曜日)10時~12時
【内 容】 ワークショップで班ごとに地域課題を抽出し、取り組み案を検討しました。
【参加者】 41名

【日 時】 平成24年2月15日(水曜日)10時~12時
【内 容】 抽出・検討した内容を発表し、ワールドカフェを通じて情報を共有しました。
【参加者】 37名

平成23年度 まちづくり地域デビュー講座1の様子

<平成24年度 まちづくり地域デビュー講座2>

【日 時】 平成24年8月28日(火曜日)14時~16時
【内 容】 ワークショップで班ごとに地域課題を抽出し、取り組み案を検討しました。
【参加者】 39名

【日 時】 平成24年9月10日(月曜日)14時~16時
【内 容】 抽出・検討した内容を発表して情報を共有し、取り組み策を検討しました。
【参加者】 42名

平成24年度 まちづくり地域デビュー講座2の様子

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

市民生活部 自治協働課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:jichishinkou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

ページの先頭へ