ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

退職(職場の保険を脱退)したときの手続き(健康保険と年金)

健康保険

解雇・雇い止め・倒産などで失業・離職した場合や、退職(定年退職を含む)や勤務形態が変更になった場合など、職場の健康保険を脱退した時は、何らかの健康保険に加入する届出が必要です。

  1. ご家族の職場の健康保険の扶養になる場合
    手続き方法や扶養家族と認められるための条件・基準等は、ご家族の職場でご確認ください。

  2. 職場の健康保険の任意継続制度に加入する場合
    任意継続制度に加入する場合の手続きや保険料は、これまでご加入の職場の健康保険へお問い合わせください。

  3. 国民健康保険に加入する場合(上記1、2以外の場合)
    市役所保険年金課窓口で職場の健康保険の資格喪失日から14日以内に手続きしてください。

国民年金

20歳以上60歳未満の人

これまでの年金制度(厚生年金等)から国民年金第1号被保険者への変更手続きが必要です。市役所保険年金課で変更手続きをしてください。扶養の配偶者がいる場合は、配偶者の種別変更届も必要となります。

各種医療助成制度

各種医療証をお持ちの人

下記の各種医療助成制度の医療証をお持ちの場合は、健康保険の切り替え手続き後に市役所保険年金課までお届けください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

よくあるご質問

ページの先頭へ