ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

一時的に子どもを預けたい

~いっしょに子育てできたらいいね~

子育ての援助を受けたい人と子育ての援助を行いたい人が会員となり、地域で助け合う相互援助活動です。

ファミリー・サポート・センターは会員登録制です。(登録無料)

会員について

依頼会員

子どもを預かってほしい人

※市内在住で生後2ヶ月から小学校6年生までの子どもをもつ人

提供会員

子どもを預かってくださる人

※市内在住の人(性別は問いません)

※子どもが好きで、自宅で預かれる人(特別な資格は要りません)

※心身ともに健康で、ボランティア精神のある人

両方会員

依頼会員と提供会員の両方に登録していただける人

どうしたら利用できるの?~登録から援助活動までの流れ~

1、登録

  • 希望の会員に登録。(登録は随時可能)
  • 登録後、アドバイザーが要望に沿って会員を紹介します。

2、事前打合せ

紹介してもらった会員と、「事前打ち合わせ」を行います。

3、援助の申し込み

  • 依頼会員は、サポートが必要になったら援助の申込みをします。
  • 提供会員は、ご自身の都合がよければお引き受けください。

4、援助活動

  • 当日、提供会員宅でサポート開始。
  • 活動が終了したら、依頼会員は報酬を提供会員に渡します。

5、活動が終わったら

依頼会員は、

  • 依頼会員から提供会員へ直接、利用料を支払います。
  • 提供会員から活動報告書をお受け取りください。

提供会員は、

  • 依頼会員から料金を受け取り、活動報告書を渡します。
  • 活動報告書は1か月分まとめて翌月5日までに、センターにも提出してください。

ファミサポどうしたら利用できるの

会員登録受付について

受付時間

毎日(水曜日、年末・年始12月29日から1月3日は除く)

午前10時から午後5時30分

受付場所

かわちながのファミリー・サポート・センター(子ども・子育て総合センターあいっく内)

※事情により、センターへ来られない方(依頼会員に限る)や、サークルなどのグループおよび団体には、アドバイザーが訪問し、登録を受付します。(要予約)

登録に必要なもの

いずれの会員も印鑑、顔がはっきりとわかる写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)2枚が必要ですので、登録時にお持ちください。

※写真はスナップ写真でも可。

※依頼会員は、子どもの写真ではなく保護者の写真です。

どんな援助ができるの?

具体的な援助内容

  • 保育施設等の保育開始前・終了後の送迎や預かり
  • 学校の放課後及び放課後児童会終了後、子どもを預かること
  • 保護者が病気の時(通院等)の援助
  • 外出やリフレッシュ時の援助
  • その他、依頼会員が必要とする子育てのための援助

など

※詳しくは、ファミリー・サポート・センターのアドバイザーにお問い合わせください。

※提供会員はボランティア(有償)です。会員の都合により、依頼を受けてもらえない場合もありますので、ご了承ください。

※子どもを預かる場所は、原則として提供会員の自宅です。

※近くの公園等、安全な施設で遊ばせていただくことも可能です。

※病気の子どもの援助はできません。

※援助活動は、早朝・夜間にわたることもありますが、宿泊は行ないません。

講習会・交流会を開催しています。

ファミリー・サポート・センターでは、相互援助活動を円滑に行っていただくために、会員の方を対象に、育児に関する講習会や会員同士の交流を図るために交流会も開催しています。

詳細につきましては、広報や会報「ちっくたっく」などでお知らせします。

利用料金等について

利用料金は、活動終了後、依頼会員が提供会員に直接支払います。

基本援助時間(午前6時から午後8時)

平日 1時間あたり 700円

土、日、祝日、年末・年始 1時間あたり 800円

基本援助時間以外の時間

1時間あたり 800円

※食事(ミルク)代、おやつ代、交通費等は実費。

  • 援助活動から最初の1時間は、それに満たない場合でも1時間とみなし計算します。
  • 1時間を超えた場合の端数については、端数が30分までは半額とし、30分を超え1時間未満の場合は、1時間の金額とします。
  • 同一世帯内の子ども(きょうだい)が同一の提供会員の援助を受ける場合は、2人目からの料金は半額とします。
  • 利用料金は原則として、その日の援助活動終了時にお支払いください。
  • 援助の依頼を取り消される時は、下記のとおり取消料が必要です。

     援助活動前日までの取消は、無料

     援助活動当日の取消は、活動予定時間分の利用料金の50%

     無断で取消された時は、活動予定時間分の利用料金全額

補償保険制度について

相互活動中に生じた事故については、当事者同士で解決していただくことになっていますが、万一に備えて、ファミリー・サポート・センター補償保険に加入しています。(会員の保険料負担はありません。)

詳細については、登録時に説明します。

ひとり親家庭のファミリー・サポート・センター利用料助成制度について

助成対象者

市内在住のひとり親家庭の内、生後2ヶ月から小学生の子どもを持つ依頼会員

※随時登録可

助成内容

1家庭につき1ヶ月あたり3,500円を補助

申し込み

電話で事前に問い合わせのうえ、ファミリー・サポート・センターへ

※水曜日を除く午前10時から午後5時30分

関連ページ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

かわちながのファミリー・サポート・センター
〒586-0015
大阪府河内長野市本町24番1号ノバティながの北館5階
(子ども・子育て総合センター「あいっく」内)
電話:0721-50-4670
ファックス:0721-50-4670

よくあるご質問

ページの先頭へ