ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

熱中症に気をつけて~高齢者は特に注意を~

熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。

高齢者は体内の水分量が少ない上、体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とするため体内の水分が不足しがちです。また、加齢により暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなること、暑さに対する体の調節機能が低下することにより、熱中症になりやすく注意が必要です。

熱中症は、室内でも多く発生しており、夜も注意が必要です。

  

  

主に高齢者を対象とし、日常生活における注意点や予防法についてまとめたリーフレットです。(環境省作成)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 いきいき高齢・福祉課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所2階)
電話:0721-53-1111
E-mail:ikiiki@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ