ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度とは

 子どもの医療費の一部を公費で助成することにより、必要とする医療を容易に受けることができるようにすることで、子どもの健全な育成と福祉の向上を図ることを目的としています。

 

 在宅医療との公平性を確保するため、平成28年6月診療分をもって入院時食事療養費の助成を廃止しました。平成28年7月1日診療分から、入院時食事療養費として下表の金額を医療機関にお支払いください。

区分 一食あたり
一般世帯(市民税課税世帯) 360円
市民税非課税世帯 ※減額認定証等の提示が必要です 210円(90日を超える場合は、160円)

※市民税非課税世帯の人は、あらかじめ加入する健康保険で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。同証を医療機関に提示しない場合は、入院時食事療養費の減額措置を受けられませんので、ご注意ください。

※指定難病患者、小児慢性特定疾病患者の入院時食事療養費の負担額は一般世帯(市民税課税世帯)について260円に据え置かれます。

                                                               

対象者

  河内長野市に住所があり、健康保険に加入する次の要件に該当する子ども

  1. 通院:0歳~15歳の中学3年生(15歳になった最初の3月31日まで)
  2. 入院:0歳~15歳の中学3年生(15歳になった最初の3月31日まで)

  ただし、次に該当する子どもは対象外です。

  1. 生活保護を受けている
  2. 児童福祉法にもとづく医療費助成を受けている
  3. 障がい者医療費助成制度を受けている
  4. ひとり親家庭医療費助成制度を受けている

申請に必要なもの

 0歳~15歳の中学3年生(15歳になった最初の3月31日まで)の子どもには、子ども医療証を交付します。下記のものを保険年金課1階7番窓口へご持参のうえ、交付の申請をしてください。両親以外の親族でも代理で申請していただけます(委任状は不要)。

  1. 子どもの健康保険証(出生の場合のみ、被扶養者にする方の健康保険証)
  2. 子ども医療証交付申請書
  3. 朱肉用の認印
  4. 河内長野市へ引越(転入)された場合、保護者の前年中(1月から6月は前々年)の所得証明書・住民税決定通知書・源泉徴収票のいずれか1通(コピー可)

注意 大阪府市町村乳幼児医療費助成事業補助制度にもとづく事業のため、河内長野市へ引越(転入)された場合、上記の書類が必要となります。

  

子ども医療証交付申請書は、次のPDFをご使用ください。

子ども医療費助成制度のご案内については、次のPDFをご覧ください。

未熟児養育医療給付制度については、次の内部リンクをご覧ください。

子ども医療証の使用方法

 大阪府内の医療機関にかかるとき

 子どもの健康保険証といっしょに子ども医療証を医療機関の窓口で見せてください。原則、医療機関で直接、医療費の助成を受けられます。加入される健康保険で事前に限度額認定の手続きをしてください。

  市役所の窓口で手続きが必要な例は、下記の「医療費の還付申請について」をご参照ください。 

助成内容

  • 保険診療の医療費の自己負担分から一部自己負担金を控除した額の標準負担額

 在宅医療との公平性を確保するため、平成28年6月診療分をもって入院時食事療養費の助成を廃止しました。平成28年7月1日診療分から、入院時食事療養費を医療機関にお支払いください。

 

 ただし、次に該当される場合、助成額を調整のうえ決定します。

・国や地方公共団体などから医療費の給付が受けられる場合

・加入する健康保険から高額療養費や家族療養費付加金支給が受けられる場合

・スポーツ振興センターの災害共済給付を受けた場合

・健康保険の対象とならないもの(健康診断、予防接種、薬の容器代、差額ベッド代、病衣・おむつ代、診断書等の文書料、200床以上の病院に紹介状なしでかかった場合の初診に係る選定療養など)については自己負担となります。

・指定訪問看護事業者から指定訪問看護を受けたときは助成対象外です。

  

一部自己負担金について

 1医療機関あたり 通院・入院それぞれ1日500円まで

(1医療機関1ヶ月あたり2日目まで一部自己負担。最高1,000円まで)

  • 同じ医療機関の3日目から自己負担分はかかりません。
  • 院外処方分の調剤は、一部自己負担金はかかりません。
  • 1日目・2日目の自己負担分が500円に満たないときは、その金額までの負担になります。

医療費の還付申請について

 子どもが次に該当した場合、保険年金課1階7番窓口へ還付申請してください。

  • 大阪府外の医療機関で受診したとき
  • 弱視治療用メガネ(9歳未満)や治療用補装具(コルセット等)を作ったとき
  • 子ども医療証を交付前に受診したとき
  • 一部自己負担金について、子ども1人あたり1ヶ月2,500円を超えて支払ったとき

 受診日の翌月以降に各月分をまとめて保険年金課(1階7番窓口)へ申請してください

還付申請前に次を必ずお読みください。

  健康保険証を持たずに受診されて10割で医療費を支払ったときや治療用補装具等を作ったとき、還付申請する前に、子どもが加入している健康保険証に記載のある発行機関に保険負担額を請求してください。特に河内長野市の国民健康保険以外の場合は、保険負担額の支給決定通知書が必要になります。なお、領収証は必ず一部コピーをしておいてください。また、治療用補装具等の場合は、医師の意見書・証明書および領収証のコピーが必要となります。

申請の際にお持ちいただくものは次のとおりです。

  1. 子どもの健康保険証
  2. 子ども医療証
  3. 朱肉用の認印(銀行届出印である必要はありません。)
  4. 領収証(保険診療点数、診療年月日、受診者名、医療機関名、領収金額、領収印等の内容が満たされたもの。)
  5. 通帳やキャッシュカードなどの保護者の口座情報がわかるもの。ただし、ゆうちょ銀行をご利用の際は3ケタの店番号及び7ケタの口座番号が必要です。申請前に郵便局へご確認ください。
  • 高額療養費に該当する場合、加入している健康保険証に記載のある発行機関から支給決定通知書をもらってください。
  • 家族療養費付加金支給制度のある健康保険にご加入の方は、保険者との調整により助成額が決定されます。

子ども医療費助成制度に優先する他の公費負担医療制度をご利用の方へお願い

  国の公費負担制度の受給者証など(例えば、「自立支援医療受給者証(育成医療)」、「小児慢性特定疾患医療受診券」、「療育医療券」など)をお持ちの方は、対象となる医療を受診された際は、子ども医療費助成制度の医療証と併せて医療機関の窓口に提示してください。

子ども医療費助成にかかる費用は、大阪府と河内長野市の負担でまかなわれています

  • 医療費が高くなる時間外や休日の受診はできるだけ避けましょう。
  • 病院のかけもち(重複受診)はやめましょう。
  • 一人ひとりが日々の健康管理を心がけましょう。

子ども医療費助成申請書は、次のPDFをご使用ください。

市役所へ届出をしてください

  • 子どもの加入する健康保険証が変わったとき(健康保険証に記載の記号・番号も含む)
  • 河内長野市内で転居したとき
  • 子どもの氏名が変わったとき
  • 保護者が変わったとき
  • 子どもが交通事故で医療機関で受診したとき
  • 子ども医療証を紛失したとき 

市役所へ子ども医療証をお返しください

  • 子どもが河内長野市外へ転出するとき(転出日以降は、助成対象外)
  • 健康保険証の資格を喪失したとき
  • 子どもが他の公費負担医療制度で医療費を全額補助されることになったとき
  • 生活保護を受給するとき 

 資格喪失後に子ども医療証を使用した場合、その医療費は返還対象です。ご注意ください。

  

 

子ども医療費受給資格変更・喪失届は、次のPDFをご使用ください。

 

 子ども医療証再交付申請書は、次のPDFをご使用ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ