ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ひとり親家庭の自立支援

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭の父又は母が職業能力の開発のために雇用保険制度等の教育訓練給付の指定講座等を受講する場合、受講料の6割を補助(平成28年4月以降の修了から対象。最大20万円、受講料が2万円未満の場合は対象外)

事前に相談が必要です。*所得制限あり 

高等職業訓練促進給付金・高等職業訓練修了支援給付金

高等職業訓練促進給付金

ひとり親家庭の父又は母が就職に有利な資格(看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、栄養士、歯科衛生士、歯科技工士、はり師、きゅう師、言語聴覚士、美容師、理容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師)を取得するため、養成機関で1年以上修業する場合、修業している期間で、3年間を上限として、申請した月から、月額100,000円(市民税課税世帯は70,500円)を支給します。

事前に相談が必要です。*所得制限あり

高等職業訓練修了支援給付金

修了日を経過した日以後に、市町村民税が課税されていない世帯のかたには5万円を、課税されている世帯のかたには2万5千円を支給します。

*所得制限あり

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

 ひとり親家庭の親が高等学校を卒業したものと同等以上の学力を有すると認められる高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合において、民間事業者が実施する対策講座の受講費用(2万円以上が対象)の一部を補助します。

事前に相談が必要です。 *講座の内容によっては対象外の場合があります。 *所得制限あり

*給付金は2種類あります*

 1、受講修了時給付金  

    受講費用の2割、上限100,000円、下限4,000円

 2、合格時給付金(受講修了時から2年以内に合格した場合)  

    受講費用の4割、上限は150,000円から受講修了時給付金を控除した額

ひとり親家庭日常生活支援事業

こんな時にご利用できます。

河内長野市内にお住まいの母子家庭のお母さん、または父子家庭のお父さんが

  • 家庭または生活環境が激変し、日常生活を営むのに特に大きな支障が生じている場合
  • 疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、出張、学校等の公的行事への参加等、社会通念上必要と認められる事由により一時的に生活援助が必要な場合

などに家庭生活支援員を派遣し生活の安定を図れるよう支援します。

一時的とはおおむね一回の事由につき10日以内となります。

ただし、保育はできません。*所得により一部自己負担あり

母子・父子自立支援員

母子家庭、父子家庭の父母や、離婚を具体的に考えている方(子を養育する方に限ります。)のご相談に「母子・父子自立支援員」が応じます。

予約制ですので、来庁前にお電話でお問い合わせ下さい。

母子・父子自立支援プログラム策定事業(ひとり親就労支援)

母子・父子自立支援プログラムを策定し、ハローワークと連携して相談者にあった就労支援を行います。様々な就労に関する情報提供や履歴書の書き方など相談に応じます。詳しくは子ども子育て課まで

予約制ですので、来庁前にお電話でお問い合わせ下さい。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

子ども未来部 子ども子育て課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所7階)
電話:0721-53-1111
E-mail:jidou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ