ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

「古代米の稲刈りと土器での炊飯体験」を実施しました

 平成23年9月17日(土)に「連続講座 古代米づくりとふるさとの歴史」の第三回目となる「古代米の稲刈りと土器での炊飯体験」を実施しました。

 当日は、家族連れなどの市民の方40名近くが参加され、市立ふるさと歴史学習館にて、土器での炊飯をご覧いただいた後、高向のほ場整備地区内の農地で古代米の稲刈り体験をしていただきました。

 連続講座の第一回目で参加者の方が植えられた稲を、講座の第二回目で作成された石包丁で刈り取ります。

 稲刈りの後は、炊きたてのご飯を参加者の皆様に試食していただきました。ご飯は皆様からご好評をいただき、参加した子どもたちからも「おかわり!」という声がありました。
 

 「古代米の稲刈りと土器での炊飯体験」では、植えた稲を自分で刈り取り食べるという農業体験を通し、農と市民が交流することで、稲刈り体験の場所となったほ場整備地区への理解を深めていただくとともに、地産地消を意識していただく機会となったと思います。
 

 農林課では、農業振興や市民との協働を通じて河内長野市のまちの活性化を図っていきます。

kodaimai suihan

kodaimai inekari

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

環境経済部 農林課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所4階)
電話:0721-53-1111
E-mail:nourin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ